準備(共通): 挽き目と分量など
コーヒーメーカー/ドリッパーの製造会社の純正ペーパーフィルターをご用意ください、純正品がない場合は、一つ穴タイプの場合はメリタ社のフィルターを、三つ穴タイプはカリタ社のフィルターを使用してください。
分量: オンラインストアまたは、商品のラベルに記載の抽出分量を参考にしてください。
挽き目: 中粗挽き(GA-1X 3.0, bodum bistro 中央, ナイスカットミル 3.5, みるっこ 5)
*詳しくは抽出トラブルシューティングを参照してください。
コーヒーメーカー
機種によっては、1~2杯(120ml~240ml)の抽出をする場合、味が薄くなることがあります。その場合は豆の分量を増やすか、いつもより細かく挽くことである程度対処できます。
また、抽出するお湯の温度が低すぎると、酸味が目立った味わいになってしまいます。一度湯通しをして、ドリッパーやお湯のでる部分を温めることなどで対処することが可能です
*必ず製造メーカーの説明書の指示に従ってください。
ハンドドリップ
温度: 97℃前後
15gのコーヒーに対して、お湯250gを注ぎます。
抽出時間は2分-2分15秒が目安です。
ストップウォッチでの計測を開始してからすぐに40-50gのお湯を注ぎ、素早くスプーンで粉をやさしく混ぜ、45秒まで待ちます。
次に、お湯(200-210ml)を円を描くように内側から外縁部まで注いでください。
*残りのお湯は30秒ほどで注ぎるのが目安です。反時計回りに注ぐことをおすすめしております
1分45秒の時点で、ドリッパーを反時計回りに回すと、より安定して抽出ができます。
全てのお湯が落ち切ったらドリッパーを外します。